« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

体内時計の乱れ

厚労省が、深夜業や夜勤と日勤を繰り返すなどの

不規則生活で起きる、体内時計の乱れによる

体調不良の実態調査に乗り出すという

発表がありました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

体内時計の乱れは、睡眠障害や糖尿病などの

生活習慣病を引き起こすリスクが高まるとして

医師などが注意喚起していましたが

厚労省が人工知能で集めたデーターを収集、

分析し、改善のための指針を作り、健康寿命を

延ばすことに役立てようということらしいのです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

人間は≪概日(がいじつ)リズム≫という

約24時間サイクルの体内時計を持っていて、

食事、睡眠、排せつなどに伴う体温や血圧、

ホルモン分泌、脳の活動などを変化させ、

調整しています。生活が不規則だと、体内時計が

乱れやすくなるようです。

日中に脳が十分に働かなくなるほか、食事の時間が

ずれるとホルモンの分泌が乱れ、高血圧になりやすい

ともいわれています。

また、認知症や癌との関連も指摘されているようです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

概日リズムの研究は、2017年にノーベル医学

生理学賞を受賞するなど近年、注目が集まり

実生活での応用が期待される分野なのです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

厚労省によると、不規則な働き方の人は増加傾向にあり

夜勤をする人は2012年で推計1200万人。

2017年の調査では、1日の平均睡眠時間が

6時間未満と答えた人は、男女ともに40代が最も多く

男性48.5%、女性52.4%。

40代では、【休養が十分に取れていない】という人が

3割にもなったそうです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

体内時計の乱れを修正するには・・・

★決まった時間に起きる

★朝起きたら太陽の光を浴びる

★朝食を食べる

★寝る前にブルーライトなどの強い光を見ない、浴びない

2018年11月 1日 (木)

朝食抜きは太る!?

ネットで、こんな記事を発見!!

最近は朝食を食べない人が多いと聞きますので

取り上げてみました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

これは名古屋大学大学院の小田裕昭准教授の

研究グループがラットによる実験で導き出した

結果なんだそうです。

ラットは起きている間、餌があれば継続的に

食べ続ける習性があるそうです。

食いしん坊なんですねぇ(笑)

まぁ人間界にもそんな人がいますが・・・(笑)

研究グループは56匹のラットを2グループに分け

片方には通常通り餌を与え、もう片方のグループには

起きた4時間後から餌を与えたそうです。

前者は朝の8時に朝食を食べる人を想定し

後者は朝食を抜き、正午に最初の食事をとる人を

想定したそうです。そしていずれにも14日間、

高脂肪の餌を同じ量与えたそうです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

結果、後者のグループのラットは通常より平均で

役7~8%体重が増加したそうです。

そして肝臓を遺伝子レベルで比べたところ

後者は体内時計を司る時計遺伝子の働きに

役4時間の遅れが生じ、体温の高い時間が

短くなっていたそうです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

体内時計が狂い、活動時間が少なくなることで

エネルギー消費が減り、体重が増えた!

というのが研究グループの見解です。

これが人間にも当てはまるか否かは、?ですが

人間にも応用できるのでは?!

と、話していたそうです。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

op-hioホームページ

  • オプセラピーH.I.O